男性のスキンケア(顔)の基本と間違い

この記事をご覧の男性はスキンケアに対してどう思っていますか?
洗えばいいんじゃない? 化粧水すればいいんでしょ?等端的な知識の方もおられると思います。

そこで私が個人的に知り得る程度ですが基本的なやり方や注意点などを簡潔に書こうと思います。

とりあえず基本の洗顔方法からですがまずはお湯の温度ですね。
熱すぎるのはNGです脂が落ちすぎてしまいます なのでぬるめのお湯で優しく表面の皮脂等を軽く落としてみましょう。

そして洗顔料で洗いますが理想は泡立ちネットで泡立てるのが良いのですが
別に無くても大丈夫です ただし手に取りましたらお湯と合わせてきちんと泡立てましょう。

 

直付けや固形が残った状態は効果が不十分になるのでNGです。

 

 

そして優しく洗います(滑らすようにごしごしこすらず汚れと馴染ませるような感じです)
最後に優しく手にお湯を溜めて(お水でも夏場は大丈夫です)顔の泡を落としましょう。

 

ここまでが基本の洗顔です。

 

ここからは洗顔の細かい注意点とお勧めの方法です。
スクラブ系は控えるべし 確かに落ちは良いのですが使いすぎると肌が痛みます
週一、ニ回程度なら勿論大丈夫です。

 

クリーム洗顔も試してみよう 泡立たないいわゆるクリーム系の洗顔料(またはメイク落とし的なクリーム)こちらをニ、三日に一度使うのもお勧めです(負担を掛けず優しく落とせます)

 

洗いすぎに注意 あくまで洗顔は一日に一回を基本としましょう 拭き取り化粧水等で気になる場合は拭き取るだけで十分です。

 

以上が洗顔に関する基本と注意点です。

 

ここからはその後のケアについて少々書かせていただきます。

 

洗顔後はすぐに保湿しましょう 人間の皮膚はお風呂の後短時間で急激に乾きます。
なので乾く前に化粧水で補充をして保湿クリームで蓋をするといいですよ。

 

肌に合うタイプを選びましょう ケア用品にはタイプがあります しっとり さっぱり 敏感肌 4in1タイプ(化粧水やクリームが一つで賄える商品)など色々ありますので自分に合うタイプを見つけましょう。

 

スプレーよりパッティング スプレータイプは楽ですが揮発しやすく効果が出にくい場合もありますので個人的にはコットン(最悪ティッシュでも)に含ませてパッティング(軽く叩くように馴染ませる)が良いと思います。

ここまでが簡単なケアに関する個人的なお勧め方法です。

以上が男性のスキンケア(顔)の基本と間違いの説明となります。
面倒だと思う方もどれかしらを実践されると違いが実感できると思います。
宜しければ是非お試しいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です