食べ物に気をつけてみませんか?

誰でもできる肌ケアは甘ったるいものや油がいっぱいの天ぷらのような料理を食べ過ぎないことでしょう。アトピー性皮膚炎の娘は医者から甘いものと揚げ物など油が多く使われている料理を制限するように言われています。

 

娘のアトピー性皮膚炎は幸いなことにとても軽くて、季節が変わる時期になると肌が適応できなくて一時的に状態が悪くなるくらいです。それで3ヶ月に1度皮膚科へ行くのですが、いつも食べ物のことを詳しく聞かれて食べてはいけないものを医師が娘に言い聞かせます。

 

娘は学生なので肌に悪いと分かっていても我慢できなくて食べてしまうから、こうやって定期的に医師から直接言ってもらえると効果があります。普通肌の人も甘いものや油っぽいものをたくさん食べると肌に悪いですよ。

 

原因の分からない吹き出物ができるときは何を食べたか思いだしてみるといいのです。お砂糖たっぷりの食品や揚げ物の量を減らすだけでも肌をケアすることになるんですから・・・。